怪我をした後に傷跡が増えないようにするためにはどうすればいいので...

怪我をした後に傷跡が増えないようにするためにはどうすればいいのでしょうか? 増殖性瘢痕(肥厚性瘢痕とも呼ばれる)は、深部組織の損傷や、病変後に新しい結合組織が過剰に成長することによって生じる皮膚病変の一種です。 傷や外傷の形状や配列に合わせて、表面が滑らかな暗赤色の盛り上がった腫れ物として現れます。 最初は痛みやかゆみがあり、ほとんどの場合、時間の経過とともにある程度黒ずんできて、萎縮して症状が軽くなります。傷跡が大きくなる要因は何でしょうか?1.外傷性緊張:顎、三角筋、肘、股関節、膝、足首、足背など、皮膚の緊張が大きいほど動きやすくなります。 肥厚性瘢痕が発生しやすいのは、皮膚の緊張が少なく、動きの少ない部分である。2.感染と炎症:感染が起こると、傷は一方で残っている上皮細胞を破壊し、傷を深くして治癒期間を延ばします。一方で、炎症因子は線維芽細胞の増殖を促し、感染を繰り返すと肉芽組織が過剰に増殖し、炎症細胞に近いほど瘢痕形成の過形成になる可能性が高くなります。3.異物の落下:ホコリ、タルカムパウダー、繊維、残留した毛根、皮脂腺、汗腺などが肌の修復機能を刺激し、傷跡を作る原因となります。4.間違った習慣:傷が治った後も時々痒みがあり、掻き続けると傷を刺激して結合組織に炎症反応を起こし、傷跡の成長を助長してしまいます。 最も重要なのは、これ以上の傷を負わせないことです。怪我をした後の傷跡の成長を防ぐには?1.肌の健康に気を配る:ニキビであっても毛嚢炎は真面目に積極的に消毒してください。2.傷の正常な…

続きを読む